iPhoneに関連するお役立ち情報をご紹介|iPhoneの電池の減りが早い場合、充電(バッテリー)を長持ちさせる方法

SmaPla iPhone(アイフォン)修理

安心、安全、信頼のSmaPla(スマプラ)iPhone修理 どの店舗よりも安く、早く、iPhone修理いたします!!SmaPla(スマプラ)は大型商業施設内にあるので、安心、安全です 安心、安全、信頼のSmaPla(スマプラ)iPhone修理 どの店舗よりも安く、早く、iPhone修理いたします!!SmaPla(スマプラ)は大型商業施設内にあるので、安心、安全です

iPhoneの電池の減りが早い場合、
充電(バッテリー)を長持ちさせる方法

iPhoneを使っていると次第にバッテリーが減るのが早くなるように感じます。最初のころは寝る前に充電して翌朝100%になったiPhoneを持って出かければ一日もったのに、いつのまにかモバイルバッテリーや充電用ケーブルを持ち歩いて外で充電するのが日課に……なんてことになっていませんか?

iPhoneの電池の減り方をもう少しゆっくりできる効率の良い方法、何かないかな?と考えたことがある人も多いのではないでしょうか。


iPhoneを使っているといつの間にか背面が熱を持ち熱くなっていること、ありませんか?

じつはこれが電池の減りが早くなる原因の一つなのです。
iPhoneなどスマホは小型で薄く、持ち歩きには便利ですが、その分中には精密機器がびっしりと詰まっています。使っていれば当然機器は熱を持ちますが、この熱を上手に放熱できず、中に熱がこもってしまうと放電と充電のバランスが悪くなってしまいます。この状態で使い続けると電池の減りが早くなってしまうのです。
最悪の場合内部が膨張して、横から見るとiPhoneがふくらんでいる、ということにも!

iPhoneに最適な温度は約16℃~22℃

Appleの公式サイトによると、iPhoneに最適な温度は約16℃~22℃です。私たちが手に持って「熱い」と感じたときは危険信号。熱を放熱するように工夫してあげることが必要です。

温度計 イメージ

iPhoneの背面は熱を放熱しやすいアルミで出来ています。しかし背面全体を覆うカバーをかけて使う人が多く、カバーがあることで熱をうまく逃がすことができません。
熱いと感じたら、一度ケースから外してあげましょう。

また夏場など、特に温度が高い場所(窓際や車のダッシュボードの上など)に長時間置かないようにすることも大切です。

ちょっとしたことでもiPhoneの充電を長持ちさせることができる

充電しながら使わないことも大切です。充電中はiPhoneから手を離して、少し休ませてあげましょう。充電が100%になったらコードから外し、充電が半分以下になったら充電します。50%以上の状態で保管するようにすると充電が長持ちしますよ。

そして充電の減りが早いな、と思った時にチェックして欲しいのが起動中のアプリの数。
いつのまにかたくさんのアプリを起動させたままになっていた、ということはないでしょうか。使っていないアプリは終了させましょう。またインストールしたけれどしばらく使っていないアプリがあれば、それらは削除して内部の容量に余裕を作っておくことも大切です。

iOS 9なら、使っていない時は画面を下にして置くと通知が来ても画面はオンになりません。電池の節約ができます。またiOS 9には「低電力モード」がありますので、オンにしておきましょう。低電力モード使用中は、バッテリーのゲージが黄色になります。
さらに画面の明るさを「明るさの自動調節」で暗めに設定することでも電池の節約ができますよ。

もちろんバッテリーを新しくすれば電池の持ちも良くなります。バッテリーの交換は専門のショップや修理店で行うことが可能です。修理や交換などのはiPnone修理専門店のSmaPlaへお問合せ下さい。